造成工事

造成工事とは

造成工事とは

農地や林地などの土地を利用にするために、元の土地の形や質を変える作業工事のことを言います。 自然な地形は平らでは無いため、整地して平らな用地にします。

土地造成の内で、水面・湿地帯の盛土を「埋立て」、水底の土砂を掘削することを「浚渫」、湿地や干満差のある遠浅の海を堤防で締め切り水位を下げて土地とすることを「干拓」と言います。

造成は新築の前などに行われることが多い工事で、専門は土木工事業になります。

造成工事の重要性

造成工事の重要性

造成工事は建設工事の前準備とも言える、避けては通ることができない重要なプロセスです。

有限会社芳賀土建では豊富な経験とノウハウ、高い技術力で、その後のスムーズな建築へと繋がる造成工事を行います。

造成工事の流れ

  1. 1.問い合わせ

    問い合わせ

    お電話またはメール等にてお問合せ下さい。
    日程・お客様のご要望等お伺いいたします。

  2. 2.調査・測量

    調査・測量

    現場調査をさせていただき、その後、お見積りの提出になります。

  3. 3.図面作成・お見積り

    図面作成・お見積り

    お見積もりを作成し、図面や施工方法などについてお客様がわかりやすいようにご説明いたします。

  4. 4.着工

    着工

    ご契約後に工事を開始します。
    お客様立会いのもと施工を行います。

  5. 5.工事完了

    工事完了

    施工完了後、お客様に納得していただけるよう写真・図面等でご説明を行います。
    お引渡し時に工事中の写真をお渡しします。

舗装工事もお任せください
シェルターの取扱始めました
お問い合わせはこちら
TOP